Google Ads(Google広告)とは?

Google Ads(Google広告)とは

Google Ads(以下「Google広告))とは、Google社が提供している運用型広告の配信プラットフォームです。広告主はGoogle広告を利用することで、Google検索ネットワークへ広告を配信する検索広告や、Googleディスプレイネットワークのウェブコンテンツへ広告を配信するコンテンツ広告を出稿できます。

参考:Google AdWords について – Google 広告 ヘルプ

Google広告の掲載先

Google広告を利用すれば、以下のアドネットワーク(配信面)に広告を掲載できます。

Google検索ネットワーク

Google検索をはじめ、Google Play・Googleショッピング・Googleマップなど、Googleの各サービスの検索結果や、livedoorなどのGoogle検索パートナーサイトの検索結果を抱えるアドネットワークです。

Googleディスプレイネットワーク

Google Adsense(アドセンス)やDoubleClick Ad Exchangeを導入しているウェブサイト、モバイルアプリ、Gmail、Youtube上の広告枠を保有している巨大なアドネットワークです。

Google広告の課金体系

Google広告の費用はキャンペーンタイプ※によって以下の課金体系で発生します。広告を配信する前の初期費用等は発生しません。

MEMO
※Google広告ではキャンペーンタイプと呼ばれる設定によって広告の掲載先ネットワークや配信できる広告の種類が変わってきます。キャンペーンタイプについて詳しく知りたい方はGoogle 広告 ヘルプを読んでみてください。

クリック課金型

クリック課金型とは、広告がユーザーにクリックされると料金が発生する形式です。Google広告では、キャンペーンタイプが検索、ショッピング、ディスプレイ、ユニバーサルアプリの場合の課金体系です。1クリックあたりの広告料金をクリック単価(Cost Per Click=CPC)と呼びます。

インプレッション課金型

インプレッション課金型とは、広告が表示されると料金が発生する形式です。Google広告では、キャンペーンタイプがディスプレイ、動画の場合の課金体系です。1,000インプレッションあたりの広告料金をインプレッション単価(Cost Per Mille=CPM)と呼びます。

視聴課金型

視聴課金型とは、広告がユーザーに視聴されると料金が発生する形式です。Google広告では、キャンペーンタイプが動画(TrueView動画広告)の場合の課金体系です。1視聴あたりの広告料金を視聴単価(Cost Per View=CPV)と呼びます。

エンゲージメント課金型

エンゲージメント課金型とは、広告がユーザーに展開されるなどの反応を獲得すると料金が発生する形式です。Google広告では、キャンペーンタイプがディスプレイの場合の課金体系です。1エンゲージメントあたりの広告料金をエンゲージメント単価(Cost Per Engagement=CPE)と呼びます。

コンバージョン課金型

コンバージョン課金型とは、広告のクリックではなくコンバージョンの獲得に対して料金が発生する形式です。Google広告では、キャンペーンタイプ「ディスプレイ」のみ対応している課金体系です。1コンバージョンあたりの広告料金を、クリック単価(Cost Per Click=CPC)と区別して、コンバージョン単価(Cost Per Action=CPA)と呼びます。

Google広告の掲載の仕組み

広告掲載はオークション形式

Google広告の掲載(順位)は、広告主が「広告を出稿したいキーワード、ユーザー、サイトに対して1クリックあたり◯◯円まで支払う」という上限クリック単価(上限CPC)を設定し、他社の広告とオークション(入札競争)を行うことで決定します。※インプレッション課金型の場合は上限インプレッション単価(上限CPM)、視聴課金型の場合は上限広告視聴単価(上限CPV)を設定します。

ただ、実際の広告掲載(順位)は、上限クリック単価だけではなく、『上限クリック単価×広告品質(品質スコア)+広告表示オプションなどの見込み効果』によって算出される広告ランクという指標の大きさで決定します。Google広告の掲載(順位)は、この広告ランクによって決まるため、上限クリック単価を上げる(広告料金を増やす)だけでは広告を(上位)掲載できない場合もあります。

オークション指標「広告ランク」の要素

入札金額

各ターゲティング(キーワード、ユーザー、サイトなど)に対して1クリックあたりいくらまで支払えるか、1,000インプレッションあたりいくらまで支払えるか、1視聴あたりいくらまで支払えるか広告主が設定する価格のことです。入札金額は手動で設定するか、自動入札機能を利用して設定します。実際に請求されるクリック単価やインプレッション単価は、設定した上限クリック単価や上限インプレッション単価を上回ることはありません。

広告品質(品質スコア)

広告品質の三大要素は、①検索キーワードと広告の関連性②広告のリンク先であるWEBサイトの利便性③推定クリック率(この広告はユーザーからクリックされやすいかどうか)で、この3点を基準に算出される10段階評価の指標が品質スコアです。この品質スコアは管理画面上の数値であり、あくまで広告品質を可視化・定量化するための指標であるため、実際の広告オークションで使用される広告品質とは異なります。

広告表示オプション

テキスト広告に商品やサービスの追加情報を表示できる機能です。広告表示オプションを利用すると、訴求を増やしたり広告の専有面積を増やしたりできるので、関連性のある情報をより多く訴求できる≒より関連性の高い広告と判断されたり、より目立つ≒より推定クリック率の高い広告と判断されたりするため、広告ランクにプラスの要素となります(広告表示オプションの見込み効果)。ただし、広告表示オプションは品質スコアに影響するのではなく、広告ランクに影響するので、広告表示オプションの設定自体は品質スコア(≒広告品質)の改善には繋がりません。

Google広告の入札機能

Google広告の入札機能は、大きく分けると、自分で入札額を設定する個別入札目的に応じて入札額を自動で調整してくれる自動入札があります。また、使用できる入札方法はキャンペーンタイプによって異なります。より詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Google広告の入札機能(入札戦略)

Google広告のターゲティング機能

Google広告で利用できるターゲティング機能はキャンペーンタイプによって異なります。詳しくすべてのターゲティング機能を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Google広告のターゲティング機能

Google広告のクリエイティブ機能

Google広告で配信できるクリエイティブの種類はキャンペーンタイプによって異なります。詳しくすべての広告の種類を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Google広告のクリエイティブ機能