Google広告の入札機能(入札戦略)

Google広告の入札戦略は、大きく分けると、自分で入札額を設定する個別入札目的に応じて入札額を自動で調整してくれる自動入札があります。また、使用できる入札方法はキャンペーンタイプによって異なります。

個別入札

上限クリック単価(上限CPC)

1クリックあたりの上限金額を設定する入札機能です。検索ネットワーク、ディスプレイネットワーク、ショッピングのキャンペーンタイプで使用できます。

上限クリック単価とは – Google 広告 ヘルプ

上限広告視聴単価(上限CPV)

動画広告の1視聴あたりの上限金額を設定する入札機能です。キャンペーンタイプ「動画」のTrueVeiw動画広告で使用できます。

広告視聴単価制の概要 – Google 広告 ヘルプ

自動入札

目標コンバージョン単価

設定した単価で最大限にコンバージョンを獲得できるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。キャンペーンの過去の情報や、オークション時の情報を基にして、広告オークションのたびに最適な上限クリック単価を設定してくれます。キャンペーンタイプ「検索」「ディスプレイ」「ファインド」で使用できます。

拡張クリック単価(eCPC)

個別で上限クリック単価を設定しつつも、コンバージョンを獲得する可能性に応じて、広告オークションで使用する上限クリック単価を自動調整してくれる入札機能です。コンバージョンにつながる可能性が高いと判断された場合は、その広告オークションで使用する上限クリック単価を設定額よりも引き上げ、コンバージョンにつながる可能性が低いと判断された場合は、その広告オークションで使用する上限クリック単価を設定額よりも引き下げてくれます。キャンペーンタイプ「検索」「ディスプレイ」「ショッピング」で使用できます。

クリック数の最大化

設定した予算内でクリック数を最大化できるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。キャンペーンタイプ「検索」「ディスプレイ」「ショッピング」で使用できます。

検索ページの目標掲載位置(提供終了)

Google検索結果の「最初のページの上部」または「最初のページ」に広告が表示されるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。キャンペーンタイプ「検索」で使用できます。

目標優位表示シェア(提供終了)

自社の広告が別のドメインの広告よりも上位表示されるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。キャンペーンタイプ「「検索」で使用できます。

目標インプレッションシェア

Google検索結果ページの最上部、上部、もしくは任意の場所で、指定したインプレッションシェアが達成されるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。キャンペーンタイプ「「検索」で使用できます。

目標広告費用対効果

設定した目標広告費用対効果で最大限にコンバージョン値を高められるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。キャンペーンタイプ「検索」「ディスプレイ」「ショッピング」で使用できます。

コンバージョン数の最大化

設定した予算内でコンバージョン数を最大化できるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。キャンペーンタイプ「検索」「ディスプレイ」「動画」「ファインド」で使用できます。

コンバージョン値の最大化

設定した予算内で合計コンバージョン値を最大化できるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。キャンペーンタイプ「検索」と、「ショッピング」の中で「スマートショッピングキャンペーン」でのみ使用できます。

視認範囲のインプレッション単価/上限インプレッション単価(上限CPM)

視認可能となる可能性が高い枠に広告が表示されやすくなるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。この入札戦略を利用する場合は、上限インプレッション単価(上限CPM)の個別設定が必要です。ディスプレイネットワークのキャンペーンタイプで使用できます。