Yahoo!プロモーション広告の入札機能

Yahoo!プロモーション広告の入札戦略は、大きく分けると、自分で入札額を設定する個別入札目的に応じて入札額を自動で調整してくれる自動入札があります。また、使用できる入札方法は掲載先ネットワークとキャンペーンタイプおよび広告掲載方式によって異なります。

個別入札

上限クリック単価(上限CPC)

1クリックあたりの上限金額を設定できる入札機能です。Yahoo!スポンサードサーチと広告掲載方式「動画」以外のYahoo!ディスプレイアドネットワークで使用できます。

上限広告視聴単価(上限CPV)

Yahoo!プロモーション広告では動画広告の1,000視聴あたりの上限金額を設定できる入札機能です。動画広告が再生されて10秒以上が経過、または10秒未満の動画広告が最後まで再生された場合を1視聴とします。Yahoo!ディスプレイアドネットワークの広告掲載方式「動画」で使用できます。

参照:Yahoo!マーケティングソリューションヘルプ – 動画広告について

自動入札

コンバージョン単価の目標値

設定した単価で最大限にコンバージョンを獲得できるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。設定したキャンペーンの過去の情報や、オークション時の情報を基にして、広告オークションのたびに最適な上限クリック単価を設定してくれます。Yahoo!スポンサードサーチで使用できます。

参照:Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ – 自動入札タイプ「コンバージョン単価の目標値」

コンバージョン数の最大化

個別で上限クリック単価を設定しつつも、コンバージョンを獲得する可能性に応じて、広告オークションで使用する上限クリック単価を自動調整してくれる入札機能です。コンバージョンにつながる可能性が高いと判断された場合は、その広告オークションで使用する上限クリック単価を設定額よりも引き上げ、コンバージョンにつながる可能性が低いと判断された場合は、その広告オークションで使用する上限クリック単価を設定額よりも引き下げてくれます。Yahoo!スポンサードサーチで使用できます。

参照:Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ – 自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」

クリック数の最大化

設定したキャンペーン予算内でクリック数を最大化できるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。Yahoo!スポンサードサーチで使用できます。

参照:Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ – 自動入札タイプ「クリック数の最大化」

検索結果ページの目標掲載位置(提供終了)

検索結果の「1ページ目の上部」または「1ページ目」に広告が表示されるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。Yahoo!スポンサードサーチで使用できます。

参照:Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ – 自動入札タイプ「検索結果ページの目標掲載位置」

目標広告費用対効果

設定した目標広告費用対効果(ROAS)で最大限にコンバージョンの価値を高められるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。Yahoo!スポンサードサーチで使用できます。

参照:Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ – 自動入札タイプ「広告費用対効果の目標値」

コンバージョン最適化

指定した単価で最大限にコンバージョンを獲得できるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能です。Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の広告掲載方式「ターゲティング」「インフィード広告」で使用できます。なお、コンバージョン最適化を設定するには、設定先のキャンペーンで直近30日間に15件以上のコンバージョンが発生している必要があります。

参照:Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ  – 【YDN】コンバージョン最適化機能の追加